「ノビタ タブレット」は、お子さまの成長を栄養面から補助する総合サプリメントです

お問い合せ 0120-23-7575
「ノビタ」は、お子様の成長を栄養面からサポートするタブレットタイプの総合サプリメントです。 ノビタ成分表 ノビタQ&A 骨のはなし 博士のはなし

お客様の声

Grouped Photo 2

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

Grouped Photo 3

お問い合せ

骨のはなし
骨のなまえ  

人の生物としての大きな特徴は、成長し、発達していくということです。その成長はホルモン、栄養、生活環境、心理的環境などさまざまな要因によって影響を受けます。これらは互いに関連し合っているため、よいサイクルを作っていくことが必要です。


 

背が高くなるということ

背が高くなるということは骨が伸びるということ。骨はその先端の軟骨に成長ホルモンや性ホルモンが働きかけることで細胞の増殖が行われ、それが骨に置きかわることで伸びていきます。骨の中でも背の高さに大きく関わっているのは、足の骨と脊椎骨で、これらの成長が大事なのです。

 

寝る子は育つ

人は熟睡しているときに成長ホルモンがもっとも分泌されます。そのため背を伸ばす上で、睡眠は重要な役割を担っています。睡眠不足や不規則な生活は避けましょう。

 

身長の遺伝

親の背が小さいと子供も似る場合があります。確率的には35%ぐらいで影響するといわれています。それは同じような環境で育つからで、成長期に食生活や運動に注意を払えば効果が期待できるでしょう。世の中には、親が小さくても背の高い人は大勢います。

 

牛乳で栄養を

牛乳には背を伸ばす力は少ないですが、骨を強く作る栄養素はいっぱいです。牛乳は各種の栄養素を豊富に含み、特にカルシウムが多いことが最大の特徴です。現在、日本の食生活は栄養のとりすぎが問題ですが、それでも不足しているものがあり、それがカルシウムです。現代の日本人にとってカルシウム不足が最大の栄養問題です。このことは、一般の食品から体内に取り入れられる栄養素の量には限りがあることを示しており、補助食品等で栄養を補う必要があります。

 

運動と成長の関係

スポーツや肉体労働をしている人は運動量に応じた十分な栄養補給が必要です。激しい運動が続くと栄養分が筋肉に回り、骨の成長のための栄養分が不足がちになりますが、必要な栄養素を体内に取り入れれば、問題はありません。





骨をつよくする栄養素

 
アミノ酸  

アミノ酸

タンパク質が体の中に取り込まれると、アミノ酸に分解され吸収されます。つまり実際に筋肉や骨などを作るのはアミノ酸なのです。現在アミノ酸は20種類に分類され、そのうち人間の体内で生成されない9つのアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。アミノ酸の中でもアルギニンは成長ホルモンの分泌を促したり、傷の治りを良くする働きがあり、子どもにとっては大切な栄養素なのです。

 
カルシウム  

カルシウム

体内のカルシウムの99%が骨や歯の主成分となり、それを丈夫に保つ働き*があります。カルシウムが不足すると骨がスカスカになり、変形したり、少しのショックで折れやすくなってしまいます。残りの1%は骨、血液、細胞に一定の濃度差で分布して重要な機能を担います。ただし、カルシウムの必要以上の摂取は骨の成長には役立ちません。余分なカルシウムが尿に大量に排出され、結石の原因になるなど悪影響が出ることもあります。(ホルモンの分泌を調整する。・筋肉を収縮させる。/細胞内の体液を弱アルカリ性に保つ。/細胞代謝を活性化させる。/止血作用に関与する。/神経の興奮を抑える。/免疫力を高める。)

 
コラーゲン  

コラーゲン

軟骨はコラーゲンの集合体であり、関節をスムーズに動かす役割を担っています。骨のタンパク質の80%がコラーゲンで、コラーゲンがカルシウムの構造体において芯のような構造となっています。また、骨の髄の部分には人の体に重要な働きを持つ造血細胞、骨髄間質細胞、骨芽細胞などがあり、細胞の増殖のためにコラーゲンが関わっています。また、骨と筋肉をつないでいる腱の80%以上の成分がコラーゲンです。

 
亜鉛  

亜鉛(あえん)

発育を促進させる重要なミネラルのひとつです。細胞の新生が行われている所に亜鉛は不可欠です。新しい細胞を作るには遺伝子の情報を写したり、タンパク質を合成するなどの化学反応が滞りなく進まないといけません。この反応を進めるのが亜鉛を成分としている酵素です。亜鉛が不足すると細胞分裂がはかどらず、子供では発育が遅れてしまいます。大人では新陳代謝が活発な器官ほど亜鉛不足の影響をうけます。

 
ビタミンD  

ビタミンD

ビタミンDは骨を作る、カルシウムとリンの代謝に必要です。カルシウムとリンを小腸から吸収するのを助ける作用があり、またそれらを効率よく利用し骨の石灰化を促進するのに不可欠です。ビタミンDが不足すると、カルシウムの吸収が悪くなり、カルシウムを充分とっても、不足の症状が出てきます。


 
TOP / 成分表 / Q&A / 骨のはなし / 博士のはなし / お問合せ
会社概要 / 通信販売法 / プライバシーポリシー
Copyright (C) 2013 MITAKA COMMERCE All Rights Reserved.